裁判業務

債務整理

Debt-workout
債務整理

債務整理について

借金の返済計画を見直したり、重い金利負担から解放される手続きです。
場合によっては破産手続の検討も必要かもしれません。
返済を繰り返しても繰り返しても借金が減らず、自殺や夜逃げをされる方もいます。
もっと多くの方に債務整理手続きによる解決を知って頂きたいと考えています。
債務整理について 債務整理は決して恥ずかしいことではありません。
明るい将来への再スタートのための制度ですので、お一人で悩まずに相談されることをお勧めします。

※上記のボタンをクリックして頂くと、各項目の具体的なお手続をご説明します。


任意整理

司法書士が本人に代わって、業者との間で返済方法を組み直すよう交渉します。
毎月の支払いが難しくなると、ついつい他の業者から新しく借入をして返済に回すなど、次から次に借入を繰り返し、あっという間に多額の借金を抱えてしまいますので、困っときは早めの相談をお勧めします。

メリット

業者への支払いをストップしていただいてかまいません。基本的に利息をカットして、長期の返済計画も組めるよう交渉します。
高金利の業者から借入をしている場合は、借入残高を減額することができることもあります。
多額の払い過ぎがあり、逆に、過払金の返還を求めるようになることもあります。

デメリット

信用情報機関に事故情報として登録され、基本的に5年間は金融機関から借入ができなくなります。但し、任意整理を検討されている現状の場合、手続きに関わらず既に事故情報が登録されているケースが多くあります。

料金表
項目 費用
着手金 1債権者目は40,000円(税別)
2債権者目以降は1債権者につき10,000円(税別)ずつ
和解締結報酬 1債権者につき20,000円(税別)

※状況により追加で費用がかかる場合があります。


破産

破産に関する正しい知識をもって、勇気を出して手続きをしなければならない場合もあります。

メリット
破産

業者への支払いをストップしていただいてかまいません。
借金が帳消しになります。

デメリット

家や高価な車などの貴重な財産があれば、それらを失うことになります。
信用情報機関に事故情報として登録され、基本的に5年間は金融機関から借入ができなくなります。ある程度の財産であれば、手元に残したまま手続をすることもできます。
また、よく勘違いされているような、近所の方に破産したことが知れたり、選挙権を失ったり、市役所の戸籍に載ったりするようなことはありません。

料金表
項目 費用
実費 約2万円(印紙代、予納金、切手代など)
報酬 20万円(税別)

※状況により追加で費用がかかる場合があります。


個人民事再生

民事再生の最大の特徴は、住宅を残したまま借金を減額することができる点です。
そのため、条件や手続が複雑で、最初に相談に来られてから手続が終わるまでに約1年間かかることもあります。
手続を依頼される場合は、その長い期間お付き合いするわけですから、信頼のできる専門家を選ぶことが重要です。

メリット

業者への支払いをストップしても問題ありません。また、住宅ローン以外の借金を「負債額の5分の1又は申立人の総財産の額のいずれか大きい額」まで減額させることができます。

デメリット

住宅ローン以外の借金は減額しますが、残った額は返済していかなくてはなりません。
信用情報機関に事故情報として登録され、基本的に5年間は金融機関から借入ができなくなります。

料金表
項目 費用
実費 約22万円
報酬 30万円(税別)
住宅ローン条項のある場合は加算があります。

※上記はあくまで一例であり、お客様の状況により異なることがございますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

女性司法書士対応可!
【見積もり無料】まずは無料相談!
TEL:088-826-2080
□営業時間 / 9:00~18:00
□定休日 / 土・日・祝