相続登記

相続登記

Sozokutoki
相続登記

相続について(相続登記)

相続について

相続とは、人が亡くなった時に、その人の不動産や現金・預貯金、借金などを相続人に承継させることを言います。
相続は誰にでも必ず起きることで、誰にでも直面する問題です。また、相続には煩雑な手続が多く、大変な手間や時間を要することも多くあります。
相続による問題を解決するため、相続による無用な争いを予防するために、当事務所がサポートいたします。

※上記のボタンをクリックして頂くと、各項目の具体的なお手続をご説明します。


相続登記

相続登記

故人が不動産を所有していた場合、その不動産の権利は相続人に承継されますが、自動的に不動産の登記名義まで変更されるわけではありません。
不動産の名義変更のためには、管轄法務局に対して名義変更の手続きを行う必要があり、これを相続登記と言います。
相続登記では不動産登記法、不動産登記規則、各種行政通達などの関係法令等を確認して登記手続きをする必要があるため、金融機関への預貯金解約手続きなどとは異なって、高い専門性が求められます。

相続登記をしておかないとデメリットはあるの?

相続登記をしないデメリット

相続登記をいついつまでにしなければならない、という制限はありません。但し、手間や費用がかかるからなどの理由で放置してしまうと、2次相続が発生し、当事者がネズミ式に増えて相続登記が事実上不可能になる場合もあります。
また、通常は古い相続についてこの度相続登記しようとした場合、手続きが複雑になるため司法書士の費用も高くなってしまいます。
特に土地は永代続いていくものですから、いつか自分の子や孫が相続登記をしなければならない時、その方々に結局は親のツケがまわることとなってしまいます。
不動産は貴重な財産だからこそ、相続人間で話し合いがまとまった時に名義を変えておくことが将来の安心に繋がります。

以下に、相続登記と相続丸ごとパックと含まれる業務内容を比較しました。

業務内容 相続丸ごと
パック
相続登記
1 葬儀手続き、各種役所での手続き、遺品整理
(取り扱いできるものあり)
2 戸籍の取り寄せ
3 相続関係説明図の作成 ×
4 財産調査 郵便物の確認による調査 ×
お住まいの市町村の金融機関へ調査 ×
株式、保険などの調査 ×
不動産の調査 ×
5 遺産分割協議 ※当事務所は法的情報の提供等によりサポート致します。 × ×
6 遺産分割協議書の作成・協議書の各相続人への発送、 取り交わし (不動産のみ)
7 遺産分割協議 に基づく各種 手続 相続による不動産の所有権移転登記
金融機関での名義変更、解約、払戻し ×
株式・生命保険などの名義変更、換金、請求 ×
遺産である不動産の売却手続 (取扱できない不動産あり) ×
8 負債・諸経費の支払い ×
9 最終的な相続財産の配当 ×
お手続き完了までの流れ

【相続人調査】

戸籍を取り寄せ、相続人を確定します。

【不動産調査】

市役所や法務局から資料を取り寄せ、相続すべき不動産を確定します。

【遺産分割】

相続人間での遺産分割協議内容を書面化します。

【名義書換】

法務局へ不動産所有権の移転登記を申請します。

見積に必要な書類

○ ……ご本人にご用意していただく書類
△ ……ご本人もしくは、当社でご用意可能な書類

不動産の内容・評価額のわかるもの
(固定資産税納付通知書など)
手続きに必要な書類

○ ……ご本人にご用意していただく書類
△ ……ご本人もしくは、当社でご用意可能な書類

免許証又は保険証など本人確認書類
相続人全員の印鑑証明書及び実印
戸籍・住民票
料金表
項目 費用
実費 不動産評価額の0.4%の金額(登録免許税)、戸籍代、評価証明書代、登記簿代など
報酬 約6万円~(税別)

※上記はあくまで一例であり、お客様の状況により異なることがございますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

女性司法書士対応可!
【見積もり無料】まずは無料相談!
TEL:088-826-2080
□営業時間 / 9:00~18:00
□定休日 / 土・日・祝